DIYで家具作り

DIYを行うのに必要な知識

最近では家具などを自作するDIYが流行っています。DIYはdo it yourselfの略で自分自身で行うという意味です。昔は男の人が工具を買い揃えて本格的に行うケースが多かったですが、最近では小物を収納するための箱などを自作するなどインテリア品を作る目的で行うことも多くなっています。そのため女性の間でもDIY女子と呼ばれる方々が増えており、専用の雑誌も発売されています。DIYを行うにあたって必要な知識といえばやはり工具とパーツの扱い方です。まず工具ですが、電動ドライバがあると大変便利です。小型の電動ドライバであれば1万円以下でホームセンターで購入することができ、木材への穴あけやねじ締めなどで重宝します。

自作する上で工夫すべきこと

自分で家具を作るというのは様々な理由があると思います。中でもお金をかけずに家具が欲しいという目的の方も多いのでないでしょうか。低コストで家具を手に入れるためには、ネットショップなどでバラの状態で売られている家具を購入し、自分で組み立てるという手があります。自分で材料をそろえるのに比べて寸法取りや穴あけ、塗装の手間が省けるため、自作するのに比べて必要な工具も少なく非常に簡単なDIYで作り上げることが可能になります。一方、完全にオリジナルのインテリア作品として作りたいという場合もあると思います。この場合はホームセンターなどで資材探しから始めます。ホームセンターでは木材を希望通りの寸法に切ってくれるサービスもあるため、あらかじめ簡単なスケッチを描き、寸法を決めた後で資材を選ぶと良いです。